コラム

COLUMN

朝ごはんを食べてやせる!

朝空腹を感じない・・時間がない・・・と、朝食を食べていない方はいませんか?実は、朝食を食べた方が代謝がよくなり、痩せやすい身体になるということをご存じでしょうか?自分のライフスタイルにあった朝食からチャレンジをして、代謝を上げる食事にステップアップしていきましょう!

朝ごはんの効果

体内時計を整えると、代謝がよくなります。
朝は、体内時計のスイッチを入れましょう
(=リセットする)
方法:①目からの刺激→脳の主時計が目覚める

②朝食の刺激→消化器にスイッチが入り体温が一気にあがる→朝ごはんを食べると代謝が上がる

※不規則な勤務の方
①暗い時間帯に起きる場合は、起きたときにテレビやスマホのブルーライトを見ましょう
②10時間以上の絶食時間後の食事を朝ご飯と同じ1回目の食事としましょう

代謝アップ!朝ごはんのポイント

糖質を含むこと
(脳を栄養分、砂糖は急激に血糖値を上げるので避ける)

タンパク質を含むこと
(摂りだめできない栄養素なので、3食摂る。筋肉の素となるので、痩せやすく太りにくい身体を作る)

脂質を控えめにする
(昼・夕食で脂質は必ず摂るため、朝食はできるだけ脂質を摂らないメニューにする)パン食は要注意!

 

ステップ                         朝食例

1.糖質補給           果汁飲料・スープ・ココアなど
果物・フルーツヨーグルト・フルーツ入りゼリー
↓            おにぎり・雑炊・パン(菓子パン除く)

2.糖質+タンパク質                卵ごはん 納豆ごはん 月見うどん
フルーツヨーグルト(低脂肪)

3.高炭水化物                            ごはんとおかず(低脂肪食)
低脂肪食                        おかずの例)
焼き魚、豆腐、納豆、卵焼き、目玉焼き、お浸し、サラダ(ノンオイル)

 

食べない人は、ステップ1から始めましょう!まずは1週間チャレンジしてみてください。   

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA